Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/to34shi123/jacobandemil.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

脱毛サロンで施術を受けた当日の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意点

脱毛サロンで施術を受けた当日は、いくつか注意すべき点があります。全体的に、肌への負担と衛生状態は要注意です。

施術の当日は、肌はダメージを受けた状態になっています。色の変化を実感している方々も多いです。施術を受けた直後は、肌はやや赤い状態になっている事もあります。それも当然で、フラッシュの光によって熱が発生しているからです。肌の表面に熱が加わった時は、やや色が赤くなる事もあるでしょう。

現に太陽の光に数時間ほど当たり続ければ、肌は赤くなります。その光によって、熱が発生しているからです。肌が赤くなっている時は、あまり負担を加えるべきではありません。様々な肌トラブルが起こり得ますから、注意が必要です。

日焼けや運動などで汗をかくと肌の負担に

例えば、日焼けなどは禁物です。肌が熱せられた訳ですから、太陽の光を照射してしまうと、さらに肌のダメージがエスカレートしてしまいます。肌の乾燥も進んでしまいますし、炎症ができてしまう事もあります。ですから施術を受けた直後は、太陽の光に当たらないよう注意する必要があります。

日傘などを使用したり、できる限り日陰を歩く方が良いでしょう。他にもあります。運動も要注意なのです。例えばサロンで施術を受けた後に、スポーツジムに行くのは良くありません。

ダイエットに励んでいる方々は、そのジムで汗を流している事も多いですが、少なくとも脱毛の施術を受けた当日は控えるべきです。そもそも肌に熱が加わった時は、あまり温めるべきではありません。肌へのダメージがエスカレートしてしまうからです。温めるというより、むしろ冷やす必要があります。

スポーツジムで汗を流してしまえば、もちろん体温は高まってしまいます。体の温度が下がりづらくなりますから、肌への負担も大きくなってしまうのです。同じ理由で、温泉や入浴も要注意です。湯船の中でしばらく過ごしますと、自然と体の温度が高まってしまいます。肌に大きな負担が加わってしまうので、入浴も控える方が良いでしょう。もちろんサウナも禁物です。

上述のように、施術の当日は肌に熱を加えるべきではありません。それだけでなく、衛生状態も要注意なのです。

衛生状態にも注意!温泉やプールなどには気をつけよう

施術を受けた直後の肌は、とてもデリケートな状態になっています。赤みを帯びた状態の肌は、普段よりもダメージを受けやすいので、注意が必要です。ですから衛生状態があまり良くない場所に行くべきではありません。不衛生な場所ですと、肌にトラブルが生じてしまう可能性があります。

上述の温泉を控えるべき理由も、そこにあります。温泉は、不特定多数の方々が利用しています。という事は、温泉の中は雑菌類が少々多いのです。それでは肌にトラブルが生じてしまう確率も高まりますから、温泉は禁物です。

それとプールも要注意です。施術を受けてから数時間後にプールに入ってしまうのも、避けるべきでしょう。理由は、もちろん衛生状態です。

確かにプールの中には、塩素などは入っています。消毒されてはいますが、それでもプールは不特定多数の方々が入っていますから、あまり衛生状態は良くありません。

また塩素が肌に触れてしまう事自体が、大いに問題なのです。塩素は、少なからず肌への負担があります。塩素が多く入っている水に浸ってしまいますと、肌がダメージを受けてしまう訳です。

ただ塩素が入っていると言っても、肌が普段通りの状態なら問題はありません。脱毛の施術を受けた後は、肌が軽いダメージを受けた状態になっています。それで塩素が触れてしまいますと、肌には大きな負担が加わってしまう訳です。

このように脱毛の施術を受けた当日は、色々控えるべき点があります。基本的には肌に熱を加えないよう心がけると共に、衛生状態には注意すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。